講師採用後、CTS独自の企業研修姿勢・教務内容・システム等をトレーニングによって定着させ、CTSの講師としての自覚を高めます。
又、毎月1回の研修を通して教授法・受講生へのアプローチ法を磨きます。

第1期

オリエンテーション

  • 会社説明
  • 研修システムの説明(契約→終了までの流れ)
  • 研修理念の説明(Self-Checkシステム・ニーズ分析調査)
  • Company Policy(規約)の説明
  • CTSの講師像とは

研修理念実践

  • CTSのSelf-Checkシステム実践練習
    受講生の知識を引き出す練習を実際に行う。
第2期

教務内容及び受講生認識

  • 教日本企業と人材開発の位置付け
  • 日本人受講生とは - 態度・教育背景の理解促進
  • CTS教務内容 - レベル別・カテゴリー別
第3期

研修理念実践

  • レベル別・カテゴリー別にサンプルレッスンを行い、CTSの講師として自信を持つと共に、即現場へ対応できる力を身につける。

講師ワークショップ研修 (毎月開催)

テーマ別教授法の構築及び問題対処法の共有

講師主導でテーマ別にティーチング法を共有し、プロの講師として常に新しい研修への取り組み方を考察し、実践につなげる。

研修例

  1. 効果的リスニング練習導入法
  2. 文法・構文力補強とスピーキング練習
  3. ビデオ教材の効果的な使用法
  4. 特殊研修(プレゼンテーション・ネゴシエーション)等への取り組み方等。

研修実施企業一覧

レッスンのご案内:それぞれの目的にぴったりのプランをお選びください

  • CTSの特長
  • CTSの理念・方針
  • CTSが選ばれる理由
  • コースメニュー
  • オリジナル教材
  • 導入事例
  • グローバル人材育成事例
  • お申し込み/研修の流れ
  • 研修実施企業
  • 講師採用
  • 採用後トレーニング
  • 採用申込み
  • 会社概要
  • 所在地一覧
  • お問い合わせ
  • 人材募集